上野 包茎

上野で包茎治療 おすすめの病院

包茎手術はそもそも本当に必要なのか?


一般的な包茎手術は必要か?。

男性特有の悩みの種であるのが包茎です。

日本人はこの包茎の方の割合が多いと言われていることもあって、多くの方が包茎手術をしています。

ですが、その包茎手術は本当に必要か?というと、場合によっては必要ない事もあります。

例えば、仮性包茎などの方の場合です。

仮性包茎は基本的に手術をしないでも亀頭を露出させる事ができるので、入浴時に洗うことが出来ますので清潔に保てます。

なので、セックスなどの時に、痛みがなく特に問題がなければ、手術をする必要はないと言われています。

また、逆に手術が必要になってくるのが、カントン型や真性包茎です。

これらの包茎の場合は、手術が必要になる事もあります。

包茎手術はその包茎の種類によって、手術が必要かどうか分かれてきます。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎矯正器具のデメリット


費用をかけずに包茎を治す方法として、まず挙げられるのが包茎矯正器具を使用する方法です。

この包茎矯正器具を使用した方法では費用をかけずに済むうえに、自宅で手軽に包茎を治すことが可能なことがメリットです。

しかし、この方法にもデメリットは存在します。

では、包茎矯正器具のデメリットについて説明していきます。

包茎矯正器具を使用して効果を実感できる人は、実際にはごく僅かの人数です。

さらに、重度の仮性包茎や真性包茎の人に適していないと言われています。

特に、真性包茎の人が包茎矯正器具を使うのは危険あるとされています。

真性包茎の人が皮を無理やり剥いてしまうと出血をする可能性、場合によってはカントン包茎になることもあります。

また、包茎矯正器具の中には、装着している性器が過度に締め付けられて出血することや炎症、さらには勃起不全になることもあるので、常にデメリットについても考えておく必要があります。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術はいくつまで受けられる?


包茎手術は何歳まで?。

包茎手術を考えている方で、何歳まで?に行なわなければいけないのかと悩まれている方がいます。

まず、個人差はありますが、体の成長は大体18歳で止まると言われており、18歳になっても包茎であれば、その後は自然に包茎が治ることはないと言われています。

その為、包茎手術を検討している方であれば、18歳を過ぎてからが決断の時となります。

しかし法的に、年齢制限を設けているわけではないので、18歳未満でも両親の許可があれば、包茎手術を受けることは可能となっています。

また、包茎手術の年齢上限も決まってはいないので、高齢者でも包茎手術を受けること可能となっています。

ただし、若い人と違い、体力の問題などで行なわれない場合があります。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術をするのは何歳まで?


「包茎手術をするのは何歳まで?」と思っている人も多いですが、適切なタイミングは仮性包茎か真性包茎かで変わります。

仮性包茎の場合は、ペニスが成長することで包茎でなくなることもあるので、成長期が終わってからでも遅くありません。

個人差はありますが、成長期が終わる18歳以降が適切なタイミングといえます。

真性包茎は、亀頭が常に包皮に包まれている状態なので成長が阻害されますし、不衛生なので性感染症や陰茎癌などの健康上の問題もあります。

また、中学校卒業時に真性包茎なら、ほとんどはその後も真性包茎のままであるという調査結果もあります。

以上のことを考えると、真性包茎の手術は、医師に相談しながら、できるだけ早いタイミングでするのが適切といえます。

 

タグ :     

包茎治療とは?

日本人男性の包茎の悩み


包茎で悩みを持つ男性は意外と多いようです。

日本人男性の約7割が悩んでいるとも言われています。

しかし、相談しにくいことだけになかなか相談することが出来ずに悩んだままになっているという人もいます。

包茎に悩みを持つのであれば、専門のクリニックを訪れることをオススメします。

一般的に専門のクリニックはスタッフ・医師ともに男性のみですので恥ずかしさはありませんし、予約制ですので他の人と会うということもありません。

一人ひとりに合った治療法の提案をしてくれますので、安心して治療を任せることが出来ます。

専門のクリニックは電話帳などでも探すことが出来ますが、インターネットで探すことによってそのまま予約することが出来る場合もありますので便利です。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術はバレる?バレない?


包茎手術の跡がバレる?。

包茎手術はしたいが手術をしたことがバレる?、と心配している方は多くいるようです。

結論から言って包茎手術の跡が他人から見てバレる心配はありません。

手術を受けた自分自身で見れば包茎手術の跡は確認することができますが、他人から見て確実に分かるような傷痕は残りません。

仮に、彼女が患部をしっかりと見たとしてもそれが包茎手術の跡だと思う方の方が少なく、バレる心配は必要ないようです。

公衆浴場など患部をしっかりと見ることのがないような場所では、まずバレる心配はありません。

包茎手術を受けた方のほとんどが、包茎であることにコンプレックスを持っています。

手術を受けることで、このコンプレックスから解放され、傷痕のことは、ほとんどの方が心配していない方が多いようです。

 

タグ :     

包茎治療とは?

真性包茎とは?


真性包茎とはどんな包茎。

日本人のほとんどの方が包茎とされています。

包茎にはいろいろな包茎があり、病的なものからそうでないものまで様々です。

そもそも包茎というのはペニスの亀頭の部分に包皮がかぶった状態のことをいいます。

自分で皮をむく事ができるものから、そうでない場合と症状も様々です。

そこで真性包茎とは普段も勃起の時も亀頭が露出することがなく皮をかぶった状態です。

また剥こうと思っても剥けない事があります。

じつはこの真性包茎とは日本人の男性では少ないとされています。

これはセックスは出来ますが痛みを伴なうものになります。

また女性はあまり感じる事が出来ないので手術が必要になります。

でも安心なのがこの真性包茎は病気と認められていますので健康保険が適用されます、よって安い治療費で治すことが出来ます。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術の口コミ


包茎手術を受けた方の口コミでは、満足の声が多くあります。

多くの男性が深刻な悩みとして捉えられている包茎は、包茎手術を行うことで悩みを解消できます。

包茎手術を受けた方の口コミでは、「長年ずっと悩み続けて、思い切って包茎手術をしたが、早い内に踏み切れば良かった、こんなに簡単にできるとは想像も付かなかった」という声が多くあり、案ずるよりも有無が安しで、まずはカウンセリングを行うことが解決の第一歩になります。

また、口コミの中にはこのような声もあります。

「簡単で痛みも感じずにすぐに終わり、術後も大満足で傷跡も残らなかった」とあり、今の医療界は進歩しているので、メスの跡も分から無いような高い技術で手術を行われます。

また、アフターも充実しているので安心して包茎手術を受けられます。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術の失敗の不安


安全であると言われている手術であっても、100%安全という事はありません。

確率は少ないにしろ、失敗する可能性はあります。

包茎手術に関しても、豊富な実績や経験を持つ場合でも失敗する可能性はあるのです。

失敗したらどうなるのかというリスクをあらかじめ理解しておくことにより、手術を行うか否かの判断材料とすることが出来ます。

まず、包茎手術の失敗例として多く挙げられているのが、手術の傷跡に関してです。

特に泌尿器科などで手術を受けた場合には、見た目に関してそれほど重視されていないということもあり、手術後傷跡が気になるという場合が多いようです。

手術前のカウンセリングの時点で、傷跡に関して質問をし、どのくらいの傷跡が残る可能性があるのかを確認しておきましょう。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術前のカウンセリング


包茎手術はカウンセリングが丁寧なクリニックで行うことが大切です。

手術のプロセスや術後のケアについて納得行くまで説明してくれるところを選びます。

包茎のコンディションによって、治療方針は大きく違ってきます。

一概に切除手術を行うわけではなく、コンディションを見極めてから治療の方針を決めていきます。

包茎の手術と合わせて、亀頭の周辺の真珠様陰茎小丘疹などの除去を行うこともあります。

亀頭の見栄えが良くなり、女性とのコミュニケーションもよりスムーズになります。

除去手術は簡単なもので、レーザーを照射して取り除くだけです。

数分程度の治療で終わるので、包茎手術と合わせて治療することをおすすめします。

カウンセリングの丁寧なクリニックで、安心して包茎手術をすることが大切です。

 

タグ :     

包茎治療とは?